Couldn't connect to database server.Couldn't find database klafouti.com.An unexpected problem has occured with the application.
SELECT statscurl_id FROM `statscurl` WHERE statscurl_ip = '';
電気ブレーカー

費用対効果

最初で言ってしまうと、電子ブレーカー導入のメリットは確実に高い、と言っていいでし […]

メーター

電子化によって

従来のブレーカーは熱による探知で電流の強弱を見ていたので、測定にムラがありました […]

 

費用対効果

電気ブレーカー

最初で言ってしまうと、電子ブレーカー導入のメリットは確実に高い、と言っていいでしょう。
間違いなく費用対効果が見込めるからです。

電子ブレーカー導入にかかる費用は、だいたい40~60万円程度です。もちろん、容量や業者などによって変わってきます。
決して安い価格とは言えないでしょう。
しかし、例えば電子ブレーカー導入により40%の電気代削減を実現できたとして、それを続けていけば、もちろん家庭や企業によって変わってきますが、早ければ二年程度、遅くても数年程度で元が取れることになります。
一度元が取れてしまえば、あとは電気料金が安いだけです。
また、電子ブレーカーの耐用年数は従来のブレーカーと同じく12年から15年程度で、ある程度のメンテナンスはもちろん必要ですが、その間取り替える必要はありません。

さらに、ブレーカーを電子制御にすることにより、従来型よりも安全性が増していますので、高い初期費用も安全への投資だと思えば大して高くもないでしょう。
電気のトラブルは火災などを招きますし、場合によっては感電により死亡してしまうことも考えられます。
そういった危険性を極力排除できるメリットが、電子ブレーカーにはあります。

また、電子ブレーカー選びで失敗しないためには、悪徳業者に引っかからないことです。電子ブレーカーは残念ながら、悪徳業者がいますので、粗悪品をつかまされる可能性もあるのです。
インターネットで評判を見てみる、という方法でも対処可能ですが、選ぶときには、アフターサービスもちゃんと行ってくれるところを選ぶようにしましょう。売りつけてハイ終わり、のところは、製品もコストばかり削減したハリボテのようなものだったりもするからです。

電子化によって

メーター

従来のブレーカーは熱による探知で電流の強弱を見ていたので、測定にムラがありました。
それを解決したのが電子ブレーカーです。
電子ブレーカーはその名の通りデジタル仕様で、熱ではなく、電流そのものを見て測定することができます。そのため、正確な電流を測ることができるのです。
正確な値を測ることができれば、安全性も格段に向上します。

そしてその結果、電気料金の節約につながるのです。
電気料金を決める要因のひとつに、契約容量というものがあります。ざっくり言ってしまえば、「この契約ではこの容量までの電気を消費していいですよ」というものです。つまり、この容量を測るための装置がブレーカーで、ブレーカーはこの容量を超える電流を感知すると電流を止めてしまう、というわけです。
従来のブレーカーでは測定にムラがあったので多めの契約容量を確保しないといけませんでしたが、電子ブレーカーを導入することにより、容量ギリギリでも大丈夫になります。正確な電流を測ることができるからです。

つまり、小さめのブレーカーを使用できるようになるということで、これが電気代削減につながるのです。
電気代削減の実績は、業者によって若干まちまちなところはありますが、平均40%や平均50%の電気代削減に成功している、というデータがあります。これは間違いなく大きな効果があると言っていいでしょう。
その他の節電方法、例えば太陽光発電の導入、地中熱利用のヒートポンプの導入などと組み合わせるとさらなる効果が見込めます。

ただ、気になるのは価格で、電子ブレーカー導入の初期費用が高いことから導入を躊躇う人も多いようです。